やさしい旧暦講座

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2014年11月26日(水) 開講
応募は締切りました。
受講募集時期になりましたら再度お知らせいたします。
講師: 吉岡安之氏
旧暦は今なお日々の暮らしや言葉の中に生きています。旧暦を知ることで、歴史、文学、年中行事、占いなどへの理解が深まります。雪月花を愛する日本人の季節感とも密接なつながりがあります。旧暦は実に奥深く、面白い世界です。

講師:吉岡安之氏

科学雑誌・書籍の編集制作会社を経て、現在はフリーのサイエンスライター。著書に『旧暦スローライフ歳時記』(幻冬舎)、『暦の雑学事典』『天・変・地・異を科学する』(日本実業出版社)、共著に『地球という奇跡を見つめて』(テン・ブックス)など。

日程詳細

午前・午後クラス、すべて水曜日

第1回 2014年
11月26日
暮らしの中の旧暦
東アジアの国々では今なお旧正月を盛大に祝います。旧暦の成り立ちや仕組みはとても面白いものです
第2回 12月10日二十四節気と絵暦
二十四節気は旧暦に不可欠の季節暦。江戸期から発行されている南部絵暦も解読します
第3回 12月24日《野外講座》暦のルーツと冬至祭
冬至は一年の大事な節目で、クリスマスとも関係しています。西早稲田での講義後、冬至祭で有名な穴八幡宮を参詣します
第4回 2015年
1月7日
伊勢暦を読み解こう
江戸期の伊勢暦について学びます。ちょっとした訓練で昔のいろいろな暦が読めるようになります
第5回 1月28日暦と占い・年中行事
歴史的に暦と占いは深い関連があります。伝統的な祭りや年中行事のルーツについても学習します
第6回 2月25日東洋の暦・西洋の暦
エジプト暦、ローマ暦、イスラム暦、中国暦など、世界各地の暦の仕組みとルーツをたどります
第7回 3月11日 旧暦と歴史・文学
旧暦は学校では教えてくれません。旧暦を知ることで、歴史や文学への理解がぐんと深まります

募集要項

募集人数 各クラス30名様(合計60名様)
会場 大人の休日サロン(JR「神田駅」東口より徒歩約1分)
【第3回のみ】野外:早稲田周辺
開講時間 午前クラス10時〜12時、午後クラス13時30分〜15時30分
【第3回のみ】午前クラス10時30分〜12時30分、午後クラス14時〜16時
参加費用 15,400円(全7回)
コメント ※野外講座の詳細は開講時にお知らせします。
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る