古典文学の旅講座

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2014年10月07日(火) 開講
応募は締切りました。
受講募集時期になりましたら再度お知らせいたします。
講師: 川口順啓氏
古代以来、特色ある多くの作品が生み出されてきた日本文学。各時代の名作を選び、作者や成立事情を探究しながら、印象的な旅の情景などの場面を中心に取り上げます。

講師:川口順啓氏

昭和60年より日本国有鉄道常務理事として国鉄改革に従事。その後、会社経営に携わるとともに日本古典文学を研究し、平成17年、金沢学院大学客員教授に就任。著書に『日本の旅千五百年』(交通新聞社)。

日程詳細

すべて火曜日

第1回 2014年
10月7日
源氏物語(貴公子の都落ちの旅)
京を離れて須磨で侘び住まいする光源氏の有様について、秋の夜の場面、春の嵐の場面を中心に勉強します。
第2回 10月21日大鏡(悲運の帝王の退位の旅)
藤原一門にだまされて皇位を退いた花山天皇の出家遁世の悲劇を描く歴史物語について勉強します。
第3回 11月4日平家物語(佳人と会う鎌倉の一夜)
源氏の捕虜となった平重衡が鎌倉へ連行され、美女千手の前と風流な一夜を過ごした挿話を中心に勉強します。
第4回 11月18日能楽「安宅」(山伏姿で北をめざす旅)
能楽の特質を探るとともに、源義経・弁慶一行が関所で止められ、勧進帳を読むなど苦心の末に通り抜ける「安宅」について勉強します。
第5回 12月2日 浄瑠璃「冥途の飛脚」(奈落へ落ちていく男と女)
封印切りの罪を犯した亀屋忠兵衛と恋人の遊女梅川の逃避行を描く近松門左衛門の名作について勉強します。
第6回 12月16日東海道中膝栗毛(のんびり道中の二人旅)
十返舎一九の傑作の中から弥次さん・北さんの二人が旅する箱根山の場面、大井川の場面等について勉強します。

講座内容の見学をご希望される方は「大人の休日サロン」にお問い合わせください。

募集要項

募集人数 70名様
会場 ステーションコンファレンス万世橋(JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩約4分)
開講時間 14時〜16時
参加費用 16,200円(全6回)
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る