江戸の文化を楽しむ講座

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2014年10月01日(水) 開講
※開講日はコースにより異なります。
応募は締切りました。
受講募集時期になりましたら再度お知らせいたします。
講師: 吉田誠男氏、久保村正氏、立川亜理沙氏
町人文化が花開いた江戸時代では、暮らしの中で庶民が使う品々にも、趣向が凝らされるようになりました。今回の講座では、3つの老舗から1店を選び、店や商品の歴史などを学んだ後、さまざまな体験が楽しめます。扇子・団扇の名店「伊場仙(いばせん)」では扇面の絵付け体験を。風呂敷の「宮井」では伝統的な包み方から、その応用までを指南します。江戸創業の「伊勢半本店」では、良質な紅花から伝統の製法で作られる「小町紅」を唇にさす体験を行います。江戸の日常にあった文化に触れられる、楽しい時間となるでしょう。

講師:吉田誠男氏

天正18(1590)年創業、扇子や団扇を取り扱う「伊場仙」の14代目。現存する唯一の浮世絵版元として老舗の心意気を今に伝えている。

講師:久保村正氏

宮井株式会社企画開発室長。日本風呂敷協会事務局長。風呂敷文化を伝える講師を務める他、書籍出版やテレビ出演も行う。

講師:立川亜理沙氏

伊勢半本店 紅ミュージアム学芸員。紅花から抽出される赤色色素「紅」の歴史・文化の研究の他、展覧会企画など、ミュージアム運営にも従事。

日程詳細

午前・午後クラス

A 2014年
10月1日(水)
「伊場仙」
吉田誠男氏
扇子の歴史について 扇面絵付け体験
B 10月22日(水)「宮井」
久保村正氏
風呂敷の歴史について 風呂敷の包み方体験
C 11月13日(木)「伊勢半本店」
立川亜理沙氏
江戸の化粧文化について 江戸紅付け体験(唇にさす)

協力:中野生活文化研究所

募集要項

募集人数 各30名様(合計180名様)
会場 【Aコース】伊場仙ビルセミナールーム(JR「新日本橋駅」より徒歩約6分)
【Bコース】宮井 東京店(地下鉄「人形町駅」より徒歩約2分)
【Cコース】大人の休日サロン(JR「神田駅」東口より徒歩約1分)
開講時間 午前クラス10時30分〜12時30分、午後クラス14時〜16時
参加費用 各5,700円
コメント ※A〜Cのいずれか希望のコースと、午前または午後クラスをお選びください。お一人様何コースでも(全コースも可)お申込みいただけます。
※進行により終了時間が前後する場合があります。
※都合により講師が代わることがあります。
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る