日本語の美しさと面白さ講座 〜我々の素晴らしい母語の歴史と秘密をさぐる〜

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2017年04月10日(月) 開講
応募締切日 : 2017年03月01日(水)必着
講師: 高田 友氏
古代の日本語とは、どのようなものだったのでしょうか。『古事記』や『万葉集』が成立した後の平安時代、古代日本語に大変革が起こったといわれます。この講座では、当時の日本語の実態や、中国語からどのような影響を受けたのか、どんな発音をしていたのかを学びます。表意文字(漢字)と表音文字(かな)が混在する、世界でも珍しい言語である日本語。その不思議な言語が現在の姿に至るまでの歴史を解き明かします。

講師:高田 友氏

「文語の苑」主任研究員。平成2年より学習塾や予備校の講師として、英語、国語、日本史などの教育に従事。22年より「文語の苑」の主任研究員を務める。

日程詳細

すべて月曜日

第1回 4/10
日本語の歴史@  
古代日本語では「母」を「パパ」と呼んだ
第2回 4/24
日本語の歴史A
「おしえる(教)」を、なぜ昔は「をしへる」と書いたのか
第3回 5/8
言葉の面白さ@
「イエス・キリスト」がどうして「耶蘇基督」なのか
第4回 5/22言葉の面白さA
なぜ「大和」が「やまと」なのか
第5回 6/5漢字の話
「皿」と「血」が似ているのは偶然ではない

協力:文語の苑

募集要項

募集人数 24名様
会場 大人の休日倶楽部趣味の会・東京(JR「神田駅」東口より徒歩約1分)
開講時間 14:00〜16:00
参加費用 13,750円(全5回)
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る