明日のわたしに逢える場所 出羽三山を知る講座 新着

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2018年07月12日(木) 開講
※午前・午後クラスがあります。募集期間を延長しました!
応募締切日 : 2018年07月01日(日)必着
講師: 宮野直生氏、渡部 幸氏
出羽三山とは、山形県の中央に位置する月山(がっさん)、羽黒山(はぐろさん)、湯殿山(ゆどのさん)の総称を指す。 古くから修験道(しゅげんどう)の霊場であり、江戸時代、三山を巡ることは「生まれかわりの旅」として庶民の間に広まった。出羽三山の歴史を知り、日本古来の自然と信仰の結び付きを学ぶこの講座。 「羽黒修験道では、羽黒山を現在〞、月山を過去〞、湯殿山を未来〞と考えます。 生きながらにして、新たな魂に生まれかわることができる巡礼。 これを、『三関三渡(さんかんさんど)の行(ぎょう)』と言います」と、第1回講師の宮野直生氏。 出羽三山神社の宮司として、この地に根付いた修験道や開山の歴史を解説する。 第2回で取り上げるのは、行脚で訪れた松尾芭蕉と出羽三山との関わり。出羽三山神社の学芸員から、 参詣が芭蕉に与えた感動や、名句誕生の背景などが語られる。雄大な自然に抱かれた、心洗われる聖地。 旅心がくすぐられる講座です。

講師:宮野直生氏氏(第1回)

出羽三山神社 宮司。昭和48年に奉職し、平成26年より現職。羽黒町観光協会 会長、鶴岡市観光連盟理事なども歴任。

講師:渡部 幸氏(第2回)

出羽三山歴史博物館 学芸員。出羽三山研究の第一人者・戸川安章に師事。庄内民俗学会会員、鶴岡市郷土資料館運営委員も務める。

日程詳細

午前・午後クラス

第1回7/12
(木)
山岳信仰の霊場、出羽三山
出羽三山の歴史や、羽黒修験道の独自の思想など、
東北を代表する山岳信仰の霊場について学びます
第2回 8/24
(金)
芭蕉巡礼の聖地、出羽三山
出羽三山に8日間滞在した松尾芭蕉。
参詣の深い感動が与えた影響や、詠んだ句の背景を探ります

協力:鶴岡市観光連盟、出羽三山神社、鶴岡商工会議所

募集要項

募集人数 各70名様(合計140名様)
会場 大人の休日倶楽部趣味の会・神田万世橋教室(JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩約4分)
開講時間 午前クラス10:00〜11:40
午後クラス13:30〜15:10
参加費用 各5,900円(全2回)
コメント ※午前・午後クラスのどちらかをお選びください。
※講座終了後、10月に「出羽三山を知る旅」を予定しています(希望者のみ、別途費用)。
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る