歴史あるものづくり県 富山を学ぶ講座 新着

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2017年07月11日(火) 開講
応募締切日 : 2017年06月14日(水)必着
講師: 岩倉雅美氏、折井宏司氏、谷端信夫氏
豊かな海と名峰に囲まれた富山県。自然に恵まれた環境で、独自の工芸が育まれてきました。その歴史や伝統に触れ、富山の新たな魅力を発見する講座です。各回、講師を務めるのは、ものづくりの現場で活躍する実力者です。初回の「井波(いなみ)彫刻」は、江戸中期、消失した名刹再建のため派遣された京都の彫刻師が、井波の地に技術を伝えたことに始まります。匠の技と継承の歴史を、この道一筋のベテラン職人が紹介する。
第二回はおよそ400年の伝統を持つ「高岡銅器」。世界からも注目を集める気鋭の若手伝統工芸士を講師に、伝統的な造形の美しさと、薬品と銅板の化学反応で着色させる独自の技法を解説していきます。最終回は釘を使わず木を組み付ける「組子」。生活に溶け込むものづくりを目指す製造元社長から伝統を受け継ぐ思いが語られます。障子や欄間に用いられてきた技の粋を感じられるでしょう。
歴史と文化が薫る富山の工芸。その魅力に自然と旅心が芽生えることでしょう。

講師:岩倉雅美(第1回)

井波彫刻共同組合相談役。井波彫刻伝統工芸士。伝統の技法を守りながら、斬新な作品の制作に取り組んでいる。

講師:折井宏司氏(第2回)

モメンタムファクトリー・Orii代表取締役。同社で開発した着色技法により、平成23年、国の地域資源活用事業に認定された。

講師:谷端信夫氏(第3回)

タニハタ代表取締役社長。ITを活用し、ものづくりの魅力を発信する。平成29年ドイツiFデザインアワード金賞を受賞。著書に『世界に響け 職人の心意気』(リックテレコム)。

日程詳細

第1回 7/11
(火)
江戸時代より伝わる井波彫刻の技術
江戸中期、京都の彫刻師が、井波の地に技術を伝えたことに始まる井波彫刻。匠の技と継承の歴史を、この道一筋のベテラン職人が紹介します
第2回 7/27
(木)
技が生み出す高岡銅器の造形美
世界からも注目を集める気鋭の若手伝統工芸士を講師に、伝統的な造形の美しさと、薬品と銅板の化学反応で着色させる独自の技法を解説します
第3回 8/22
(火)
組子欄間の世界
釘を使わず木を組み付ける「組子」。生活に溶け込むものづくりを目指す製造元社長が伝統を受け継ぐ思いなどをお話しします

協力:富山県

募集要項

募集人数 50名様
会場 大人の休日倶楽部趣味の会・神田万世橋教室(JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩約4分)
開講時間 13:30〜15:00
参加費用 8,400円(全3回)
コメント ※講座終了後「富山を体験する旅」を予定しています(希望者のみ、別途費用)。
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る