知られざる会津の逸品 おたね人参を学ぶ講座

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2017年06月20日(火) 開講
応募締切日 : 2017年05月18日(木)必着
講師: 清水 琢氏
会津は国内有数の「おたね人参(高麗人参・会津人参)」の産地。江戸時代、会津藩では栽培の指導・販売などを手掛ける藩直営の「人参奉行所」を設置するなど生産に力を入れ、藩の財政を支えたといわれています。こうした歴史や、冷え症改善・肥満予防なども期待される効能について学ぶ他、おたね人参を多彩な調理法で楽しむランチを堪能し、栽培や加工工場を見学します。知られざる会津の食文化に触れてみませんか。

講師:清水 琢氏

清水薬草有限会社専務取締役。会津人蔘栽培研究会事務局長。平成24年に会津人蔘農協から、おたね人参の加工を継承。生産者を増やす活動の他、消費者と直接つながる取り組みなどに力を入れている。

日程詳細

A日程 5/23、B日程 5/30
6/20
(火)
@おたね人参と会津の歴史を学ぶ
会津とおたね人参の深い関わりについて学びます

Aおたね人参を使った料理を堪能
新鶴温泉ほっとぴあ新鶴にて、さまざまな調理法でおたね人参を楽しみます

「おたね御膳」



・棒鱈柔らか煮 ・会津人参と切干大根
・にしんの山椒漬け、ごぼうバルサミコ煮物
・天ぷら(おたね人参、するめ、にしん、まんじゅう)
・会津人参ふりかけ五目御飯
・鶏と会津人参のつみれ汁



※メニューは変更となる場合があります。


Bおたね人参の栽培と加工工場を見学
なかなか見ることのできないおたね人参の畑を見学した後、加工工場にて、その活用方法などを学びます

協力:極上の会津プロジェクト協議会

募集要項

募集人数 40名様
会場 御薬園(JR「会津若松駅」よりバスで「御薬園入口」下車、徒歩約3分)
清水薬草有限会社会津人蔘加工所(JR「会津高田駅」より車で約11分)
開講時間 11:00〜16:00(会津若松駅集合・解散)
参加費用 4,500円
コメント ※参加費用には昼食代を含みます。
※会津人参純正粉末のお土産付きです。
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る