震災からの復興を肌で感じる のびる農業体験講座 新着

  • ジパング会員
  • ミドル会員
2018年09月29日(土) 開講
応募締切日 : 2018年08月22日(水)必着
講師: 安部俊郎氏
2011年3月の東日本大震災で大きな被害を受けた東松島市野蒜(のびる)地区。講師の安部氏は、震災後に離農した方の農地を借り受け、日々畑を耕しながら復興に取り組んでいます。その活動について学んだ後、街を歩きながら現地ガイドの方の話を伺います。また、畑では枝豆やサツマイモの収穫体験や楽しい昼食会も実施。現地での農業体験を通じて、復興を肌で感じてみませんか。

講師/安部俊郎氏

アグリードなるせ 代表取締役社長。震災で自社が壊滅的な被害を受けるも、いち早く米作りを再開し、農業を通じた地域復興に貢献。次世代の人材育成や雇用促進など、地域農村コミュニティの発展に尽力している。

日程詳細

9/29
(土)
野蒜の農業について
復興と野蒜農業の関わりを講師がお話しします

現地ガイドとまちあるき
野蒜在住のガイドに、震災から復興までのお話を伺いながら畑へ向かいます

枝豆・サツマイモの収穫体験
講師の指導で、枝豆とサツマイモの収穫作業を行います

東松島市産食材を使った昼食会
地元産の食材を使ったバーベキューを楽しみます。地元産の大麦(希望の大麦)を使用した地ビールも試飲できます

協力:東松島市、東松島市観光物産協会、東松島みらいとし機構、アグリードなるせ、菓匠三全、アサヒビール

募集要項

募集人数 30名様
会場 野蒜市民センター(JR「野蒜駅」より徒歩約1分)
中下地区センター付近(JR「野蒜駅」より徒歩約20分)
開講時間 9:00〜15:00(野蒜駅集合・解散)
参加費用 3,500円
コメント ※参加費用には昼食代を含みます。
※地元産の大麦や大豆を使用したお菓子や飲料などのお土産付きです。
※農業体験・昼食は、講座参加者以外の方と合同になる場合があります。
割引 「大人の休日倶楽部カード」決済で500円引き大人の休日倶楽部カード

CM情報

大人になったら、したいこと。
Facebookもチェック
ページの先頭へ戻る
大人の休日倶楽部への入会はこちら
Copyright © East Japan Railway Company All Rights Reserved. JR東日本のパソコン向けサイトを見る